東日本大震災に対する支援活動について
TOPページ > 東日本大震災に対する支援活動について

 

 3月11日(金)午後2時46分に発生しました東日本大震災による被害は極めて広範囲且つ深刻であり、現在も災害規模の全容が見えない状況です。
この震災により尊い生命を失われた方々に深く哀悼の意を表しますとともに、被災された方々には謹んでお見舞いを申し上げます。
また、被災地域の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 この度の大規模災害に対し、私たちは長期間にわたる復興支援を行う必要があると考えております。
日本音楽企画といたしましては、被災された方々の生活支援のため、また被災地の子ども達の身体と心の健康を守るために、「学校芸術鑑賞会の収益の一部」を被災地への義援金(支援金)として寄付する事といたしました。

 義援金の送付先・送付方法に関しましては、被災地の窓口との協議の上、被災者救済基金や教育機関などへ贈呈したいと考えております。

 今後、「子どものための舞台芸術創造団体の会」(青音協・児演協・全人協・全児演にて構成)と協力し、被災地支援のためのチャリティ・コンサートや被災地へお伺いしての復興支援コンサートなども計画していく予定でございます。
 「災害」がもたらす「不安」や「悲しみ」「閉塞感」を子ども達の胸から少しでも多く、少しでも早く取り除いていくこと。
被災地の子ども達が「希望」と「笑顔」をもって毎日を生き生きと生活できること。
そんな日を一日も早く迎えられるよう支援を継続していく事が私たちの責務であると考えております。
 学校関係者の皆様、出演者の皆様のご理解ご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

平成23年3月24日
日本音楽企画株式会社
代表取締役 木内 徳子
専務取締役 木内 大介

東日本大震災チャリティー公演「Play For Children 〜子どもたちの笑顔のために」の情報はこちら